式場案内ダンブログトップ

2017年5月3日水曜日

「挙式スタイル」の違いについて


みなさんこんにちは!
今日は、挙式スタイルの違いについてお話しようと思います♪♪

現在、主に選ばれている挙式スタイルは
① キリスト教式 ② 神前式 ③ 人前式 この3つが多いです(*゚v゚*)!

もちろん、他の挙式スタイルを選ばれている方もおられますが、今日はこの3つの違いをお伝え致します!

① キリスト教式
宗教:キリスト教
場所:チャペル
衣裳:ウエディングドレス&タキシード

キリスト教の教義にのっとって行われる結婚式。
挙式は、賛美歌斉唱、指輪の交換、聖書朗読などを行います!

キリスト教には「カトリック」と「プロテスタント」がありますが、信仰している宗教に関わらず行えるのは「プロテスタント」です。

「カトリック」の場合は、ミサに通うか、どちらかが信者でなければ挙式が許されない場合も多いです。(↓カトリックの結婚式)

岡山県内でも、結婚式場で行われるのは基本的に「プロテスタント」の式。「カトリック」の式を希望される場合は、少し制限がかかる事も多いです。

※ 式場案内ダンでは「プロテスタント」「カトリック」共に紹介可能です


② 神前式(しんぜんしき)
場所:神殿・神社
衣裳:和装(白無垢 or 色打掛 or 黒引振&紋服)

日本の伝統的な結婚式。
『神社で行う結婚式』と思われている方も多いですが、最近ではホテルや式場の中に『神殿』といわれる会場があり、そこでも行えます。

挙式は、三献の儀(三々九度)、祝詞奏上、玉串奉奠などを行います。家と家との繋がりを大切にする式の為、列席は親族のみの場合が多いです!

衣裳は白無垢!というイメージが強いですが、実は他にも選択肢は多く、色打ち掛けに洋髪というスタイルも人気です!


③ 人前式(ひとまえしき / じんぜんしき)
宗教:無宗教
場所:チャペル、ガーデンなど好きな場所
衣裳:決まりなし

人前式は宗教色が全くない、新しい結婚式!
神様ではなく、列席して下さった「人」へ誓う結婚式のため、場所も、衣裳も、誓いの言葉も、全てお二人の自由に決めて頂けます。

ウエディングツリーを使ってゲスト全員に証人になってもらうものや

両家の実家から持ってきた水を合わせる「水合わせの儀」なども人気です!


いかがですか??
挙式のスタイルを決めるだけでも、すごく迷いそうですよね♡♡

「もとっと違いが知りたい!」という方や、「実際にどんな式場があるか知りたい!」という方は、お気軽にご連絡くださいねo(*^▽^*)o~♪

TEL:0120-33-0241

0 件のコメント:

コメントを投稿