式場案内ダンブログトップ

2013年11月11日月曜日

【感動】記憶に残ったドラマのようなサプライズ


みなさんこんばんわ!
秋の夕暮にストーブを片手に
ほっかほかなブログ担当です☆


今日は、11月11日「ポッキーの日」です。

そうです!

チーズの日でも、ピーナッツの日でも、はたまた、もやしの日でもなく、、、

ポッキーの日です!!!


。。。。

まぁ、、、

じゃがりこも,、おいしいですよね(^^

注※)ちなみに、この日の記念日他に10個ぐらいありました(笑



本日は、ブログ担当が感動したサプライズをご紹介致します。

↓ ↓ ↓ ↓

山口県防府市のショッピングモールで行われていたブライダルフェアに立ち寄ったおふた­り。

しばらくすると、彼はトイレに行くと言い席を立ち去りました。

ドラマは、ここから始まります。。。




すると、突然ひとりのダンサーが現れ踊り始めます。

これもブライダルフェアかイオンタウン主催のイベントだと思う彼女。

しかし、ダンスを踊る人は少しずつ増えていきます。

「なんなんだろう?」

彼女がそう思っていると、彼女の友人も登場!!

そして、突如敷かれたレッドカーペットの向こう側には彼が!!

ようやく状況が把握できた彼女は感極まって涙...。

ダンスに参加していたメンバーから「青い花」を受け取りながら近付いてくる彼。

そして「青い花束」を手にした彼は彼女の前に。

『出逢った日から今日までの間、楽しかったこと、辛かったこと、いろいろなことがあっ­たけど、これから先の永遠のパートナーとして僕を幸せに出来るのは千穂しかいないと思­いました。そして千穂を幸せに出来るのは僕しかいないと思います。千穂を世界一の幸せ­者にします。結婚してください。OKであれば、その花束の中の一輪の花を僕の胸ポケッ­トに入れてください。』

そして彼女は一輪の花を彼の胸ポケットへ!

すると、彼からエンゲージリングが彼女の薬指へ!!

プロポーズは大成功!!!

そのまま、その場にいた全員で集合写真を撮影。

撮影が終わると、おふたりと友人を残し、参加者は人ごみの中へ.


いかがですか??

これを初めて見た時、

「まだまだ日本の結婚もすてたものじゃない」

って、本気で思いました(^^



新郎の思いを共感して、時間を作ってくれた友人達

そしてその場を提供してくれた人達

新婦に思いを伝えた新郎

最後にその思い達に素直に感動する新婦


さまざまな思いがその一時に集まってみんなの記憶に残る

これは、結婚式にも言える事だと思います☆


もちろん、

サプライズが必ずしもイイというわけではありませんが、

自分の思いを素直に告げるというのは、

簡単なようで日常ではなかなか恥ずかしかったりで、

多くの人は伝えきれてなかったりします。


ただ、これから何十年一緒に暮らしていくパートナーだからこそ、はっきりと言葉で伝える必要があるのではないでしょうか?

そして、それを自分たちが、かかわった人たちにも伝え

みんなで祝福してもらえる


僕たちは、その幸せのお手伝いをしていると思うと

この仕事に胸を張って頑張れる気がします。


だから、自信を持って言います

「結婚ってすばらしい」



式場案内ダン 清水

【式場案内ダンのフェイスブックもご紹介】


今日の記事が気になった方はイイネを(^0^)/

過去のブログ一覧は→コチラ

0 件のコメント:

コメントを投稿