式場案内ダンブログトップ

2013年8月23日金曜日

【新郎】結婚式での酔わない方法


みなさんこんにちわ!
階段の上り下りで滝のように汗が出ているブログ担当です☆

明日は8月24日「愛飲の日」です。
酒をこよなく愛した歌人・若山牧水の1885年の誕生日らしいです。


飲ま飲まいぇい♪♪

お酒は、いいですよね(^^

飲みすぎると次の朝後悔しますがorz(笑


本日は、記念日にちなんでお酒にまつわるエピソードを(^^


お祝いごとにつきのもなのが「お酒」です。

とくに新郎は、つぎつぎとお酒をグラスにつぐ刺客たちが当日待ち構えています(^^j

そんな時普段お酒を飲まない新郎さんたちに緊急回避法をご紹介します♪


<飲むフリだけする>
お祝いに来てくださった方のお酌は断れないもの。大抵は会場の配慮としてお酒を入れるためのバケツが用意されていますので、注いで頂いたら少し口をつけ、飲めない分はそこへ入れていきましょう。



<事前に根回ししておく>
披露宴や2次会だと、新郎が周囲から強く勧められて飲まされてしまうようなこともありますので、あまり強く言わないようあらかじめ言っておくといいですね。



<飲めない理由を考えておく>
たとえば、この後のスピーチが読めなくなるなるなど。。
強くお酒を勧められた時に断れるような理由を1つ考えておくといいかもしれませんね。


<お酒に見える飲み物を用意しておく>
お酒を飲んでいるように見えるような飲み物を用意しておくといいですね。また、お酒の合間にこまめにソフトドリンクを飲むようにしましょう。



せっかくの結婚式ですから、無理にお酒を飲んで具合が悪くなってしまうようなことは避けたいですよね。当日は舞い上がって飲んでしまうこともありますので、本人はもちろん、パートナーも飲み過ぎないよう注意して見ていましょう。

式場案内ダン 清水

【式場案内ダンのフェイスブックもご紹介】


今日の記事が気になった方はイイネを(^0^)/

過去のブログ一覧は→コチラ


0 件のコメント:

コメントを投稿