式場案内ダンブログトップ

2013年6月2日日曜日

ジューンブライド(june bride)

こんにちは!!

式場案内ダン、ブログ担当です!


今日は風もなく最高気温も25度と過ごしやすい天気ですね☆

早いものでもう6月でほとんどの地域で梅雨入りしましたね!!



6月といえばジューンブライド(june bride)ですね!(^^)!直訳すると6月の花嫁、6月の結婚です。欧米では古くから6月に結婚すると生涯幸せな結婚生活ができるという言い伝えがあるそうです。


この言い伝えには3つ説があるそうです!!
・女神「JUNO」説
ギリシャ神話の主神ゼウスのお妃ヘラ(ローマ名ユノ、英語名Juno)という女神が由来。ヘラは最高位の女神で、結婚・出産を司り、家庭・女性・子どもの守護神と云われている。ヘラが守護している月が6月のため、英語で6月がJuneとなった。また、ヘラを祭る祭礼が61日に催されたことから、結婚式を6月に挙げと女神ヘラの加護を受けて生涯幸せになれると云われる習慣ができたとされる。

気候・季節説
ヨーロッパの6月は1年の中で最も雨が少ない月で、気候なども適しています。また、「復活祭」が行われる月でもあるため、ヨーロッパ全体がお祝いムードとなるので、多くの人から祝福される6月の花嫁は幸せになるだろう、という言い伝えです。

結婚解禁説
農作業の妨げとなることから、ヨーロッパでは3月、4月、5月の3ヶ月間は結婚が禁じられていました。そのため、結婚が解禁となる6月に結婚式を挙げるカップルが多く、その分祝福も多かったため、多くの人から祝福される6月の花嫁は幸せになれるだろう、という言い伝えです。

なるほどって感じですね!!  

6月は縁起がいいってことです (*^_^*)

それではみなさん、よい休日を!!

【式場案内ダンのHP】


【式場案内ダンのフェイスブックもご紹介】


炊飯器でケーキを焼いてみた()  竹内でした☆

0 件のコメント:

コメントを投稿