式場案内ダンブログトップ

2013年5月2日木曜日

左手の薬指

こんにちわ!!

バスケで突き指してしまい、薬指がいう事を利かないブロブ担当です(>_<)

高校生の時より明らかに回復が遅いとです・・・(汗)

バスケ→突き指→薬指→指輪



ということで、今日は

指輪についてお話しします!!(*^_^*)

まず結婚に関係する指輪には二種類あります。

一つはエンゲージリングといって婚約指輪です。
結婚の約束を交わした記念として、男性から女性に贈るもの。“婚約の証”という特別な意味が込められることから、ダイヤモンドをあしらったものなど、きらびやかなデザインのものが多いです。



もうひとつはマリッジリングと言って結婚指輪です。
結婚式の際、儀式的にふたりが交換するペアの指輪。つまり、ふたりの“誓いの証”。結婚後は夫婦ともに日常的に左手の薬指に着用するケースが多いので、シンプルで指馴染みの良いデザインが選ばれることが多いです



なぜ左手の薬指につけるのか??

古代ギリシャ・ローマ時代の解剖学において、「薬指と心臓は一本の血管で繋がっているもの」と考えられていました。
 そして、より心臓に近い「左手の薬指」は「特別な指」とされ、生命を象徴する指に結婚指輪をつけることで「命を持って永遠の愛を誓う」という意味から、薬指に大切な結婚指輪が付けられるようになったという言い伝えがあります。

また、このような説もあります。
まず両手を合わせます。 次に、左右両方の中指を折り曲げて、第二間接同士をぴったりくっつけましょう。
そして、その状態のまま、親指、人差し指、薬指、小指をそれぞれ順番に離し、離れることを確認したらまた同じ状態に戻していきます。
すると他の指は離れるのに、薬指だけが離れません。
このことから、結婚する二人が離れずに永遠に一緒にいる、という意味を込めて薬指に付けるようになったという話もあります。

一つ一つに意味があるんですね(*^_^*)  深いです↑↑

でも、指輪をいざ買いに行くとなっても、一生のお買い物ですから悩んで悩んでよくわからない。。。
って人も多いと思います!

式場案内ダンでは、岡山のほとんどのブライダルジュエリーショップもご紹介できます☆ お客様にあったショップをご紹介しますよ!


どうぞご気軽にご相ダンください★最大30%オフの割引券もありますよ!!


式場案内ダン  竹内でした!!


【式場案内ダンのフェイスブックもご紹介】









0 件のコメント:

コメントを投稿