式場案内ダンブログトップ

2013年2月11日月曜日

【必読】結婚式の豆知識


みなさんこんばんわ!
2月も中旬に入りまして
絶好調のブログ担当です☆


今日は、2月11日「仁丹の日」です。

仁丹。。。


地味ですね(-φ-)
僕は好きですけど(笑


本日は、
結婚式のアイデア集ということでいくつかお伝えできればと思います。



・控え室にベビーシッター

結婚式の当日は子供を連れた友人夫婦にも参加お願いしました。「小さな子供を連れての食事は大変」と言っていた友人を思い出し、控え室にベビーシッターをお願いしました。
大体2,3人に1人くらいで7名の子供を3人のシッターさんにお願いし、子供の食事も食べさせてもらいました。友人からは「久し振りにゆっくりご飯が食べれた^^」と喜んでもらえたのでとても良かったです。


・結婚式、待ち時間のすごし方


挙式は教会。披露パーティーはレストラン。なるべく空き時間は無いようにしたのですが、どうしても1時間は空いてしまいます。
そこで、みんなが知らない土地なので、周辺案内図に喫茶店の場所を6箇所書き入れ、迷う時間が無いように、また6ヶ所記載することで、みんなが1つのお店に殺到して入れないことのないように。と考えました。 またパーティーはイタリアンビュッフェと記載しておきました。もし前日や当日のランチで知らずに食べてしまったら申しわけないので・・・流れはご案内してゲストの不安をなくし、サプライズは別に用意。こんな1日を心がけてます。


・10年後の新郎新婦の予想と、ゲストの未来予想図


ケーキカットとファーストバイトはお互いの両親も参加してもらい、余興としてはテーブルスピーチ(招待状にすることを書いておきました)、ドレス当てゲーム(景品つき)、一人50円(安いんですがご縁が10倍ということで)を握ってもらいじゃんけんをしてもらうゲーム、あと、10年後の私達夫婦の予想と自分の未来予想図、自分にあてたメッセージ等を書いて頂き、10年後私たちが責任をもって送らせてもらうようにしました。最後の両親への感謝の言葉は私だけではなく、普段絶対に言わない新郎にもしてもらいました。


・親戚への気配り対策

あらかじめ双方の親戚全員宛にご出席お礼ハガキを書いて、これに花嫁切手を貼っておく。挙式の前日と前々日に、親戚の家に電話をかけて、よろしくお願いいたします、という挨拶の電話を入れる。披露宴が終わったら、帰りに速攻でハガキを出す(新婚旅行明けとか結婚しましたハガキとかと別に、すぐ出すのがコツ)
母があとでお礼の電話をしたときに、もう娘さんからお礼のハガキが来てます、最後まできちんとしたお嫁さんだとほめられ、花嫁切手も相手の手元に残せる。
お金もかからず、親族に気を使っています、という印象を与え、自分の親の顔も立つのでお勧め。


いかがですか?
列席者の目線にたった挙式は、本人だけでなくみんなが楽しめる結婚式になりますよね(^^

ほんのひとつ工夫するだけで、オリジナルな結婚式が実現できますよ♪

式場案内ダンでは、
上記のような結婚式のヒントになるようなアイデアや、演出をいろいろご提案いたします♪

きになる式場も満載
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
「紹介式場一覧」

ぜひ一度ご覧ください。


式場案内ダン 清水


0 件のコメント:

コメントを投稿