式場案内ダンブログトップ

2013年1月21日月曜日

【参考】結婚が決まったらまずすることっ!


みなさんこんにちわ!
機材を移動させようとしたら
わき腹がつり
日ごろの運動不足を実感したブログ担当です☆


今日は1月20日「玉の輿の日」です
1905(明治38)年のこの日、
アメリカの金融財閥モルガン商会の創立者の甥、
ジョージ・モルガンが
祇園の芸妓・お雪を見初め結婚したことかららしいです。


「玉の輿」
いいひびきですねぇ♪




ちなみに、お雪は「日本のシンデレラ」と呼ばれたらしいですが。。。

まさか、結婚したら名前は、
オユキ・モルガンになったのでしょうか?

うーん。。
いいにくいっす(^^


本日は、この時期、お正月に帰省してご家族に結婚のご報告をしたカップルが多いということで、結婚のダンドリの流れを簡単にご説明したいと思います。

①お互いのご両親に結婚のご報告をする
・まずは、自分の親に報告を。相手のことをしっかりと伝えれるようにちゃんとお互い整理してはなしましょう。

②相手のご両親へのご挨拶
・男性は一番緊張するところではないでしょうか?これからのお付き合いを考えて清潔感のある服装でご挨拶に伺いましょう。

③ご両家の顔合わせ
・ホテルのラウンジやレストラン、料亭等落ち着いて話ができる所を選びましょう。お話しする内容は、両家の家族構成や親戚等の情報共有と、結婚式について日取りや場所等も話ができると、以降の式場見当がしやすくなります。

④結納
・こちらはご両家の意向を汲み実施の有無を検討ください。結納金やのし飾り、結納日の検討はご両家の顔合わせのあと考えるカップルが多いですよ。

⑤結婚式場の検討
・式場に関しては、本人たちの意向はもちろんですが、交通の便や料理等列席者の目線も取り入れることはとっても重要。当日挙式が終わった後「本当にいい式だったね」とみんなに行ってもらえるような式にしたいもの。

⑥挙式日と式場の決定
・式場が決まったら、式日の押さえをすると、後は打合せです。お二人の予定が合いづらいのであれば、それぞれ担当を決めて、ドレス選びは、新婦とお母さん、進行は新郎という風に分担して意見調整をしていくのもありだと思います。その時は、決めるときはちゃんと相手に確認することを忘れずに!

⑦招待状の送付
・式場との打合せで、まずすることがこちらです。返送がきてやっと当日の人数が決まり、進行・トータルの費用等が具体的になっていきます。

⑧ドレスの試着・決定
・新婦が一番ウキウキするドレス選び。衣裳は、納得のいくまで何着でも試着しましょう。式場によって、合う衣裳が違いますし、髪の長さや、顔の雰囲気でも違ってきます。

⑨挙式披露宴の進行スケジュール組
・人数がきまり、どんな人が来るのかが決まれば、いよいよ進行を。また衣裳が決まれば、テーブルコーディネートも決まってくるので、お二人の希望がいっぱい詰まったオンリーワンな式を。

⑩新居選び
・並行して、二人の住むところを探しましょう。検討する際は、スーパーなどの日用品を買いに行けるところや、職場の近く等立地は大切なのですが、意外と見落としなのは、病院が近くにあること!お子さんが生まれた時に、これが結構重要になってきます。

⑪市役所への婚姻届・各種手続き
・結婚の手続きは、婚姻届や、免許の書き換え、新居の登録等さまざま。ただ忙しい方は、なかなか時間が取れないので、早めにすこしづつ手続していきましょう。ちなみに、婚姻届は、土日祝日や時間外でも受け取ってくれます(^^

⑫挙式
・まちにまった結婚式。2人の想い出を皆さんに囲まれていっぱい作りましょう♪

⑭ハネムーン
・海外もイイですが、国内旅行も最近は増加傾向にあります。

以上が一般的な流れになります。
もちろんカップル様によって、多少は前後しますが(^^


式場案内ダンでは、上記の詳しい内容はもちろん
カップル様に合わせた結婚のダンドリスケジュールも
無料で組ませて頂きます。

「相手のご両親にご挨拶に行くときは何を持って行けばいいの?」
という質問から、
「顔合わせの時は、どんな話をすればいいの?」というものまで
さまざまなご質問なんでもお応えします♪

ご相談はいつでもお受けいたしますよ
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
資料請求&来店予約は上部有ります(^^

それではきょうはここまで!
是非何かの参考になればともいます☆


式場案内ダン 清水




0 件のコメント:

コメントを投稿