式場案内ダンブログトップ

2012年12月14日金曜日

【必見】披露宴のオリジナル演出集④


みなさんこんばんわ!
今年の風邪はせきが続くといううわさを聞き
日々恐怖しているブログ担当です☆


今日は12月14日「忠臣蔵の日」です。
毎年年越しにテレビしてますよね!
実は私、、


大好きっす(照


興味がない方には申し訳ないですが、、
忠臣蔵というと、、

1702(元禄15)年のこの日、赤穂浪士47人が本所の吉良邸に討ち入りし、主君の仇討ちを成し遂げた。
1701(元禄14)年3月、江戸城松之廊下で播磨赤穂藩主・浅野内匠頭長矩が、幕府の礼式を司る高家筆頭の吉良上野介義央に小刀で切りかかるという事件が起った。浅野には即日切腹、領地没収という厳しい処置がとられたが、吉良には一切のお咎めがなく、これが事件の発端となった。
家臣たちは主君の仇を討つ為に綿密に計画を練り、翌年12月14日寅の上刻(現在の暦法では15日午前3時ごろとなるが、当時は日の出の時間に日附が変わっていたので14日となる)、大石内蔵助の率いる47人が、本所の堀部安兵衛宅に集まり、そこから吉良邸へ討ち入った。2時間の戦いの末、浪士側は一人の死者を出さずに吉良の首を取ることができた。
世論は武士の本懐を遂げた赤穂浪士たちに味方し、幕府は翌年2月4日、一同切腹という処置をとった。

というお話ですが、なんかこう、、、

いいですよね(笑

義理・人情は、
日本人としてなぜか琴線にふれます(^^


今年は、舘さんが大石内蔵助なんですね♡



本日は、前回に引き続き
結婚式のオリジナル演出集を。

【結婚式披露宴オリジナル演出集】


・職場の皆から新郎新婦へのメッセージを上映
新郎新婦の人数のバランスや会場の大きさの都合で、披露宴に招待できない友人や職場の皆さんからの動画のメッセージをいただき、それを上映しました。
1人1人の話す時間は短いのですが、まるで色紙の一言メッセージのように素晴らしい記念になりました。
職場で撮影したことから、仕事場の雰囲気も会場のみんなに伝えられたことも良かったです。

・披露宴の余興でプロポーズの演出
彼からはっきりとしたプロポーズがなかったことを知った親友が、披露宴の余興で新郎から新婦へのプロポーズタイムを企画してくれました。
ふたりのなれそめを親友が話した後で、「実はプロポーズの言葉を聞いていません・・・」とインタビューのように新郎を取材。「もしかして、プロポーズはまだなんですか?では今、ここで聞かせてもらえますか?」(会場から拍手)。マイクを新郎に譲り、いよいよ告白タイム。
式は済んでいたので、「君をずっと幸せにします」と宣言。
会場は大盛り上がりで、その後カラオケの熱唱へと続きました。

・新郎新婦退場の時にゲスト全員が手でアーチ
新郎新婦退場の時に、ゲスト全員が手でアーチを作ってくれて、その中をくぐりながら退場しました。新郎新婦に知らされていなかったイベントなので、感激しました。

・とことん和にこだわった結婚式
神前式だったため、とことん「和」にこだわりました。装花は青竹を割ったものを花器にして、苔玉なども一緒に飾りました。装花は、クイズを出しゲストへのお土産に。入場は、人力車で。キャンドルサービスもバンブーキャンドルを使用。ウエルカムボードは唐津焼のお皿を注文し、受付で、蛇の目傘にみんなからの寄せ書きを書いてもらいました。両親へのプレゼントも花束でなく、箱根で式を挙げたため、寄木細工の絵を渡しました。

・披露宴の中で弟へのサプライズの演出
私達の結婚が決まって以来、義理の妹が「いいなぁ~。結婚式したかったなぁ~」と言ってた事を思い出し、自分達の披露宴の中で、弟達の結婚式をするというサプライズをしました。
ドレスは簡単なタイプのものを手作りで、実の妹だけに結婚式をあげさせると言う事でブーケをつくってもらい、自分達が着物に着替える時に、弟達には着替えてもらいました。式場全員が盛り上がって、弟達が入場した時には、たくさんの拍手が鳴り響きました。
私が見たものは、弟の少し照れくさそうな笑顔と、お嫁さんの泣きながらの精一杯の笑顔でした。

いかがですか?
特に最後にご紹介したサプライズは
お二人の弟さんへの気持ちが凄く伝わるものだと
思いました。

本当に結婚式っていいですよね♪♪♪


式場案内ダンでは、式場までではなく式場が決まった後でも
上記演出の相談や2次会会場の紹介など、
契約後のアフターフォローもしっかりさせていただきます。

↓↓こちらからお気軽にご相談ください↓↓

来店予約(火曜日は定休日で通常夜8時まで営業してます)

↓↓披露宴演出その①はこちら↓↓

披露宴演出その①


次回もまだ×2、オリジナルな演出を
お伝えできればと思ってますのでおたのしみに♪♪


式場案内ダン 清水

0 件のコメント:

コメントを投稿