式場案内ダンブログトップ

2012年11月6日火曜日

【必見】挙式のオリジナル演出集~人前式②~


みなさんこんばんわ!
肌寒い季節にコンビニで
ホットレモンを買うようになった
ブログ担当です☆

本日は、11月6日「お見合いの日」です。
1947(昭和22)年のこの日、
東京の多摩川河畔で集団お見合いが開催された。
結婚紹介雑誌『希望』が主催したもので、
戦争のため婚期を逃した20~50歳の男女386人が参加した。
会場で相手を探し、終了後、最高3人までの身上書を
申し込むという仕組みだったみたいです。

400人近い男女が一斉に探すのを想像したら
ちょっとすごいですね(^^J


本日は、前回のオリジナル演出人前式編の
続きをお伝えしようと思います。

【オリジナル演出人前式編】

<人前式の前に、オープニングムービーで息子をお披露目>

私たちは授かり婚なので、10ヶ月になる息子を皆さんにお披露目し、
これからは家族として新たな人生の第一歩を歩みだします・・・という思いをゲストみんなに伝えたかったのです。
そこで、人前式の前、新郎新婦が入場する前に、二人の生い立ち、二人の出会いと想い出、
子供の誕生という3部構成の6分程度のオープニングムービーを流し、
その中で、最後の写真は家族三人が手をつないだ写真と
「幸せは三倍、悲しみは三分の一、家族で手を取りあって歩んでいきます」というテロップで締め、思いを伝えました。




<人前式でネックレスの交換の演出>

友人司会をすることになりました。で、披露パーティーの前に人前式をするスタイルです。
”指輪の交換ではなく”ネックレスの交換”をすることになりました。
ネックレスのペンダントトップは、プレートになっていて、それには、「・・・・love」と、
文字が書かれて二人の愛が永遠でありますようにと、願いを込めて・・・・。




<メッセージカードを人前式でお披露目>
レストランウェディングで人前式をしました。ゲストの皆さんからの承認を頂きたかったので、
事前にメッセージ&記名カードを郵送しておき受付で回収。芳名帳の記入時間を取らずに済ませて、
その代りに受付で各テーブルカラーの色鉛筆をお配りし、同じカラーの写真フレームをテーブルに置いておきました。
そこへお名前を記入していただき、式の中で司会者から立ち会いの署名とさせて頂きますと言って頂きました。
受付で記名の手間がかからずスムーズに出来ますし、ゲスト全員に立会人署名を頂けてよかったです。




<メイン席を出席者全員に囲んで人前式>

人前式での挙式を行いました。家族やゲストが遠くなるのが嫌だったので、メイン席を出席者全員に囲んでもらいました。
おかげで、みんなの顔がはっきり見れてアットホームな雰囲気に。
さらに、誓いの言葉を読み上げるのも普通じゃつまらないので新郎新婦お互いがそれぞれ「相手へのお願い」を発表しました。
1本のマイクを2人で使い、お願いに対してその都度コメントをしました。
ゲストからも笑いが上がり、「こんな結婚式は初めて。すごく良かった!」と後で言われて、嬉しかったです。



いかがですか?
人前式は、挙式の中では特にアレンジが出来る
スタイルですので、上記では書ききれないくらい
様々なパターンがありますよね☆

次回も人前式演出編になります。
次回で人前式編は最後になりますので
おたのしみに♪♪


それでは、本日は
火曜出勤のついでに更新をしている
ブログ担当でした!!


式場案内ダン 清水

0 件のコメント:

コメントを投稿